-メタボと体脂肪

2009年11月アーカイブ

自分の体脂肪率を計測し、自分が今どのような状態でいるのかを知るために、まず体脂肪率をチェックする必要がありますね。体脂肪率を測定するには方法がいくつかあり、たとえば空気置換法、水中体重測定法、皮下脂肪厚法、また二重X線呼吸法、整体インピーダンス法などがあります。

これらの方法があるものの、なんとも聞き慣れないものばかりで難しく聞こえますが、体脂肪計で計れば簡単に測定できることなのです。体脂肪率を計る前に、まずしなければならないのは自分の体重を計ることですが、これは体重が標準体重を上回っていると、余分な脂肪が身体にあるということで、まずこれを知らなければならないのです。

標準体重と比べた場合の数値はあくまでも目安で、体重の重さイコール肥満ではありません。それから体脂肪率をしらべてみるのですが、全く同じ体型、たとえば身長も体重も同じである場合でも、運動をしている人とほとんどしていない人とでは、身体だの中での筋肉と脂肪の割合は変わってきます。上記の数値を基準にして、減らす必要があるのかないのかを判断しなければなりませんね。

そして計測するときは、なるべく同じ状態で行うと良いでしょう。体脂肪を減らす必要がない人でも、生活の環境や年齢など変わりますから、やはり維持することを怠ってはいけませんね。そして、注意しなければならないのは、減らさなければならない人の急激なダイエットです。無理をせずにダイエットをするために、まず自分の食生活や生活習慣の見直しをすることが大切です。体脂肪率をチェックすることは、太っているか痩せているかを判断することではなく、健康に生きていくための判断基準であることを忘れてはいけませんね。

 

 白髪の予防  冷え症の改善  ニキビの原因と治療

メタボリックシンドロームという言葉がずいぶん取り沙汰されていますが、このメタボリックは代謝を意味し、シンドロームは症候群という意味なのです。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。

体脂肪率が高くなると、このメタボリックシンドロームになりやすいわけで、それが心筋梗塞や脳梗塞といった恐ろしい病気の原因になるわけですから、そんな人は要注意です。日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。

この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も整え、身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。一般的にメタボリックシンドロームが急増する時期があるといわれ、それは40歳を超える頃だそうです。その疑いがある人を「予備群」と言いますが、食の欧米化などで、年齢に関係なく若いうちからも注意が必要だとされています。

とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。人間には生きていくための機能として、体脂肪を蓄積するわけで、それは人間の本能です。生まれつき体脂肪を蓄積しやすい人もいるわけで、これを「肥満遺伝子」と言いますが、特にこの遺伝子を持つ人は、食生活改善の必要があります。

肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、そうならないようにしっかりと予防することが大切になります。こんなメタボリックシンドロームを招かないために、体脂肪率は常にチェックしておくことが大切です。

 

 骨盤ダイエットのススメ  足のむくみ解消法  抜け毛対策

体脂肪の増えすぎは明らかに身体に悪影響を及ぼしますが、だからといって減らせるだけ減らすのはいいことなのでしょうか。そこで体脂肪が身体にとって必要なものであるかから考えてみると、それは間違いなく人間が生きていく上で必要なエネルギーであるといえます。

もし人間が飢餓状態に陥ったなら、身体は必死に栄養分をなくすまいとし、蓄えていくのです。食べ物から取れる栄養は、すぐにエネルギーとして使われ、少しの時間しか持ちません。しかし体脂肪は効率よく身体にとどまることができ、たとえしばらくの間栄養が入ってこなくても、しばらくは生存できるようになっているのです。

次に体脂肪は、体温の維持の役割があって、暑さ、または寒さからも守る働きをしています。それは大切な臓器を一定の温度で保つという働きがあるからなのです。体脂肪があまりに少ないと身体が温度変化に対応することができず、そのため体温が下がって病気をしやすくなったり、ひどい場合は人の命にかかわることになったりするのです。また体脂肪は、ホルモンを分泌する働きがあり、食欲などを調節してくれています。

このことは体脂肪が、単なるエネルギー源として蓄えられるだけでなく、生きていくために大切な働きをしているのだということを意味します。ダイエットするのはいいですが、間違った認識で痩せようとするのはいけません。このように健康維持には適度に必要な体脂肪ですから、自分の健康な範囲の体脂肪率をきちんと知り、それを常に維持するよう努力して健康も保っていきましょう。

 

 ダイエット食品  音痴の治し方  顔のむくみ解消法
カテゴリー
更新履歴
体脂肪率をチェックしよう(2009年11月15日)
メタボリックシンドロームとは?(2009年11月15日)
体脂肪を減らしたい人へ(2009年11月15日)
カテゴリー
更新履歴
体脂肪率をチェックしよう(2009年11月15日)
メタボリックシンドロームとは?(2009年11月15日)
体脂肪を減らしたい人へ(2009年11月15日)