Top > メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームという言葉がずいぶん取り沙汰されていますが、このメタボリックは代謝を意味し、シンドロームは症候群という意味なのです。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。

体脂肪率が高くなると、このメタボリックシンドロームになりやすいわけで、それが心筋梗塞や脳梗塞といった恐ろしい病気の原因になるわけですから、そんな人は要注意です。日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。

この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉トレーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も整え、身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。一般的にメタボリックシンドロームが急増する時期があるといわれ、それは40歳を超える頃だそうです。その疑いがある人を「予備群」と言いますが、食の欧米化などで、年齢に関係なく若いうちからも注意が必要だとされています。

とにかく体脂肪が増えてしまうことは、メタボリックシンドロームを引き起こす原因になっていることは間違いありません。人間には生きていくための機能として、体脂肪を蓄積するわけで、それは人間の本能です。生まれつき体脂肪を蓄積しやすい人もいるわけで、これを「肥満遺伝子」と言いますが、特にこの遺伝子を持つ人は、食生活改善の必要があります。

肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、そうならないようにしっかりと予防することが大切になります。こんなメタボリックシンドロームを招かないために、体脂肪率は常にチェックしておくことが大切です。

 

 骨盤ダイエットのススメ  足のむくみ解消法  抜け毛対策
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
体脂肪率をチェックしよう(2009年11月15日)
メタボリックシンドロームとは?(2009年11月15日)
体脂肪を減らしたい人へ(2009年11月15日)