Top > 体脂肪を減らしたい人へ

体脂肪を減らしたい人へ

体脂肪の増えすぎは明らかに身体に悪影響を及ぼしますが、だからといって減らせるだけ減らすのはいいことなのでしょうか。そこで体脂肪が身体にとって必要なものであるかから考えてみると、それは間違いなく人間が生きていく上で必要なエネルギーであるといえます。

もし人間が飢餓状態に陥ったなら、身体は必死に栄養分をなくすまいとし、蓄えていくのです。食べ物から取れる栄養は、すぐにエネルギーとして使われ、少しの時間しか持ちません。しかし体脂肪は効率よく身体にとどまることができ、たとえしばらくの間栄養が入ってこなくても、しばらくは生存できるようになっているのです。

次に体脂肪は、体温の維持の役割があって、暑さ、または寒さからも守る働きをしています。それは大切な臓器を一定の温度で保つという働きがあるからなのです。体脂肪があまりに少ないと身体が温度変化に対応することができず、そのため体温が下がって病気をしやすくなったり、ひどい場合は人の命にかかわることになったりするのです。また体脂肪は、ホルモンを分泌する働きがあり、食欲などを調節してくれています。

このことは体脂肪が、単なるエネルギー源として蓄えられるだけでなく、生きていくために大切な働きをしているのだということを意味します。ダイエットするのはいいですが、間違った認識で痩せようとするのはいけません。このように健康維持には適度に必要な体脂肪ですから、自分の健康な範囲の体脂肪率をきちんと知り、それを常に維持するよう努力して健康も保っていきましょう。

 

 ダイエット食品  音痴の治し方  顔のむくみ解消法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
体脂肪率をチェックしよう(2009年11月15日)
メタボリックシンドロームとは?(2009年11月15日)
体脂肪を減らしたい人へ(2009年11月15日)